キャッシング・ローン 消費者金融

おすすめのキャッシングブランドは?消費者金融大手6社を徹底比較

2020年10月6日

おすすめのキャッシングブランド、消費者金融はどこなのか、気になっていませんか?

消費者金融なんてどこも同じと思いますよね?

しかし金利も借入限度額も各社で違うという事実をご存知でしょうか。

もしこの事実について知らなければ、「結局どこも同じなんでしょ」と勘違いして、間違った選択をしてしまうかもしれませんよ。

後から自分が借りた消費者金融よりも条件が良い消費者金融があることを知ってしまい、かなり損してしまったと後悔してしまうわけです。

しかし、ご安心ください。今回の記事では大手消費者金融を「金利」「限度額」「申し込みの手軽さ」という観点でしっかり比較しています。

各社の特徴まで解説しているので、はじめてキャッシングをするという人には必見の内容となっています。

あなたは何の消費者金融を使うべきなのかと言う答えも見えてくるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

消費者金融大手6社の金利比較

まずは消費者金融大手6社の金利を簡潔に比較していきましょう。わかりやすく表にまとめましたので、以下をご覧ください。

 

消費者金融名 金利
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0~18.0%
モビット 3.0~18.0%
アイフル 3.0~18.0%
レイク 4.5~18.0%
プロミスレディース 4.5%~17.8%

 

最低金利だとアコム・モビット・アイフルが挙げられることがおわかりいただけたと思います。

仮に最高金利になるとプロミス・プロミスレディースが1番低いことがわかります。

金利は借入金額によって反比例するのがほとんどなので、借入金額が小額の場合は、最高金利の低いブランドを選ぶと良いでしょう。

逆に数百万という大口で借りる場合は、最低金利が低いブランドを選ぶといいかもしれません。

消費者金融6社の融資限度額比較

ここまでは金利を比較してきましたが、次は限度額について紹介していきます。

限度額と言えばいくらまで借りられるのかと言う観点になりますが、実は会社によって変わってきます。

では表にまとめましたので以下をご覧ください。

 

消費者金融名 最高限度額
プロミス 500万円
アコム 800万円
モビット 800万円
アイフル 800万円
レイク 500万円
プロミスレディース 500万円

 

アコムとモビットとアイフルであれば、800万円もの限度額が可能であると言うのは驚きですよね。

 

消費者金融6社の申し込み難易度比較

では最後に申し込みの難易度について紹介していきます。

審査については詳しく公表されているわけではないので、正確に比較できません。

そのため「申し込みがしやすいかどうか」「誰かの目を気にしなくてもいいか」と言う観点で比較していきたいと思います。

表にまとめましたので以下をご覧ください。

 

消費者金融 WEB完結 郵送物 審査スピード 融資までの時間
プロミス 不要 最短30分 最短60分
アコム 不要 最短30分 最短60分
モビット 不要 最短30分 最短60分
アイフル 不要 最短30分 最短60分
レイク 不要 最短30分 最短60分
プロミスレディース 不要 最短30分 最短60分

 

結論から言いますと、どの会社も審査のしやすさでは変わらないことがわかりました。

お客さんの奪い合いですから、どの会社も他社に負けないと審査のしやすさを高めていると思われます。

 

各消費者金融の特徴を解説

ここまでは各社のスペックと言うべきものを比較してきましたが、具体的にはどんな特徴があるのでしょうか。

さらに上記でお見せしてきた表ではなかなか分からなかった各社の特徴について、ここから深掘りしていきましょう。

プロミスの特徴


多くの消費者金融は上限金利が18.0%ですが、プロミスは上限金利が17.8%です。

0.2%の差は月に数十円程度ですが、わずかでも返済する金額の方が安いのは明らかです。

また、プロミスには「瞬フリ」といって最短10秒で振り込んでもらえます

瞬フリに対応している金融機関は全国の約200の銀行口座で、24時間365日お金を振り込んでもらえます。

振込さえできればコンビニなどでいつでもお金を引き出すことができますから、かなり便利といえるでしょう。

また、プロミスは三井住友銀行ATMやプロミスATMを利用するなら手数料はかかりません。上手に利用すれば、無駄な出費を抑えることができます。

■プロミス

https://cyber.promise.co.jp/

アコムの特徴

アコムは初めての人向けに30日間無利息サービスを提供しており、30日以内に完済すれば無利息で借りることができます。

毎月の給料が入ったらすぐに完済できるという方にはお得なサービスになるでしょう。

また、土日祝日でも最短即日融資を受けることができるので、急ぎで借りたいときに便利です。

ただし、専業主婦の場合は審査に通りにくいので注意です。

アコムの申し込み条件は「安定した収入があること」であり、専業主婦の方は収入がないので審査に通るのは難しいです。

専業主婦がアコムを使いたいなら、アルバイトで安定した収入を得ると良いでしょう。

■アコム

https://www.acom.co.jp/

モビットの特徴


SMBCモビットは無利息期間がないので、利息の支払いを少しでも減らしたいという方には向いていませんが、WEB完結申込の場合は電話連絡なしという強みがあります。

つまり、誰にも知られずに借りられるわけであり、SMBCモビットの最大の特徴です。

正直なところ他社も在籍確認の電話を回避する方法はありますが、申し込み後コールセンターに電話をすべしという条件があります。

誰が聞いているかわからないのであまり「電話したい」とは思いませんよね。

しかし無条件なので、安心して借りたい人はSMBCモビットがおすすめです。

また、Tポイントが貯まる特徴もあります

ポイントを持っていれば、200円ごとに1ポイント溜まる仕組みになっています。

TポイントはTSUTAYA・ファミリーマート・ドラッグストアが対象で使い勝手が良いです。

これらの店をよく使う人は、返済額に応じてポイントがもらえるのがいいですね。

なお借りた分だけの返済なので注意してください。

■モビット

https://www.mobit.ne.jp/

アイフル

大手消費者金融の中で唯一、銀行系列ではない消費者金融です。

ネットで言われるほど審査が甘くないですが、柔軟に対応してくれます。

基準を満たしていれば断られる可能性は低いです。

なお、「1秒診断」で事前に融資を受けられるかを診断してくれるサービスもあります。

返済能力があると判断されれば、アイフルの審査に「通る」と出る可能性が高くなります。

■アイフル

https://www.aiful.co.jp/

レイクの特徴

レイクは2018年3月末に誕生した商品で、正式名称は「レイクALSA」となっています。

レイクでは30日間無利息サービスと60日間無利息サービスと180日間無利息サービスが用意されています。

なお、レイク以外の大手の承認率は43~45%程度ですが、レイクは約30%です。

つまりレイクALSAの審査は甘くないので注意してください。

■レイクALSA

http://lakealsa.com/

プロミスレディース

先に解説した「プロミス」の女性用窓口です。実は男性も利用できます。

女性専用ダイヤルがあるのが最大の特徴で、不安を感じている女性が相談できるように用意されています。

オペレーターは全員女性で、疑問点など何でも相談できま、男性だと恥ずかしいと感じている方には嬉しいサービスです。

受付時間は9時から21時までで、勤務時間外でも対応してくれます。

ただし、専業主婦の方は申し込みできないので注意してください。

安定した収入がないと申し込めません。

■プロミスレディース

https://cyber.promise.co.jp/

消費者金融おすすめは信用度NO.1のアコム

では各社の特徴について紹介してきましたが、数が多いので一体どこにすればいいかわからないと考える人もいるでしょう。そこで最後に個人的なオススメをあげておきます。

結論から言いますと、個人的にオススメなのはアコムです。1994年に東証二部に上場し、消費者金融業界では時価総額トップの7167億3100万円。

マスターカードがライセンスを与えている日本国内唯一の消費者金融事業者でもあります。

このように他の業者とは違った「信用度」と言う強みがありますので、もし迷ったのであればアコムにしてみてはどうでしょうか。

まとめ

以上、今回は「おすすめのキャッシングブランドは?消費者金融大手6社を徹底比較」をテーマにあなたに知っておいて欲しい知識を紹介してきました。

大手消費者金融を「金利」「限度額」「申し込みの手軽さ」で比較したので、同じ消費者金融でも差があることを理解いただけたと思います。

なお、キャッシングには消費者金融以外にも「カードローン」という選択もあります。

場合によっては消費者金融よりも条件がよい人もいるかもしれません。

まだ、比較検討する時間がある人はカードローンについても調べてみてはどうでしょうか

  • この記事を書いた人
TENRAKUキャッシング編集部

TENRAKU-cashing

TENRAKUキャッシングは、どんな時でも⼈⽣が前向きになれるお⾦に関するメディアです。 TENRAKU(転落)を反対にすればRAKUTEN(楽天)。借⾦で転落しても、くよくよせず、逆に楽天的に⽣きることで ⼈⽣明るくなる。 転落しても、這い上がって、楽しく⽣きていこうよ!というメッセージを記事に込めています。

-キャッシング・ローン, 消費者金融

© 2020 TENRAKUキャッシング Powered by AFFINGER5