カードローン キャッシング・ローン 学生ローン 消費者金融

借入を申し込みで受ける「審査」では何がチェックされる?

https://kuchikomi-cashing.net

カードローンや消費者金融から借入を申し込む際、審査に通過する必要があります。

 

借入を行う上で返済能力の有無を見極める行う手続きについて、以下のような疑問を持っている方も多いはずです。

 

  • 借入の審査基準って何?
  • 審査ではどういった事が見られるの?
  • 審査に通過しやすくするには?

「絶対にこう!」という断定はできないものの、審査に関して詳しく理解すれば初めての方でも問題なく借入が利用できるでしょう。

 

この記事では、借入を利用するときに受ける「審査」について詳しく解説していきます。

 

借入の申し込みで受ける「審査」って一体何?

「借入」というサービスの性質上、「借りたお金を返す」という手続きが含まれます。

 

お金を貸す側にしてみれば、貸したお金が返済されないリスクも伴うため、全ての人に利用させるわけにはいきません。

 

借入の利用者がきちんと期限を守って返済をしてくれるかどうかを判断する上でも「審査」という手続きが必要となります。

 

つまり、借入における審査とは「利用者の返済能力の有無を見極めるための手続き」といえるでしょう。

 

さらに、法律による制限も関係しています。

 

貸金業法における総量規制では、「個人の借入総額が、原則、年収の1/3までに制限される」と規定されており、借金が著しく増えるのを未然に防いでいます。

 

こういった規制に抵触しないためにも、利用者に対して審査を行わなければなりません。

 

審査基準は会社によって異なる

借入の際に行われる審査の基準は、会社によってさまざまです。

 

カードローン会社や消費者金融などが独自の基準を設けており、カード会社によって「審査に通りやすい/通りにくい」といったことも噂されます。

 

なので、一度審査に落ちてしまった場合でも、別の会社に申し込んだら通ったというケースもあります。

審査基準は公表されていない

借入における審査について疑問に思うのが「審査基準」です。

 

何を満たしていれば審査に通過できるのか、誰もが気になりますよね。

 

しかし、基本的に審査基準は公表されていません。例えば、「年収が◯万円あれば通る?」と考えてしまいますが、基準が明らかになっていない以上、絶対的なことは言えないのです。

審査なしで借入は可能?

カードローンや消費者金融などの借入サービスを提供する以上、貸金業法によって規定されたルールを守らなければなりません。

 

そのため、サービスを利用する上で審査が不要になることはありません。

 

中には、簡易な手続きのみでお金が借りられるサービスもありますが、審査が行われていないのではなく、「審査のスピードが速い」といった理由が考えられます。

 

借入時に行う審査の基準って何?

借入を受けるための審査に通過するための条件については、各社異なりますし、公表もされていないので判断することはできません。

 

しかし、審査において利用者の何をチェックするのかについては明らかになっています。

 

【審査でチェックされる3つのポイント】

  • 信用情報
  • 支払い能力
  • 借入状況

 

この3つについて詳しくみていきましょう。

信用情報

「信用情報」は、クレジットカードやローンの履歴といったの情報のことです。

 

これらの情報は信用情報機関に一定期間保存されており、審査が行われると申込者の信用情報が照会されます。

 

例えば、「過去にクレジットカードで支払い遅延があった」「ローンの返済が滞った」といった情報も保存されているので、マイナスな記録が残っていると審査に通りにくくなってしまいます。

支払い能力

「支払い能力」では、申込者の属性から返済を行う能力があるかどうかが見極められます。

 

例えば、年収が多い方であれば、十分な返済能力があると考えられます。

 

その他にも「雇用形態(正社員かどうか)」「勤続年数(安定した収入を得ているか)」「住宅の状況(資産の保有)」などの属性も判断されます。

 

結局は「継続かつ安定した収入の有無」が重要になるでしょう。

借入状況

貸金業法によって「年収の1/3までしか借金できない」という制限がある以上、他社からの借入状況も影響します。

 

利用中の借入金額や件数が把握され、規制に抵触するかどうかが確認されます。

 

また、複数の会社から借入を行っていた場合、返済能力という観点から不利に働いてしまうこともあります。

 

審査を受ける際に必要な書類をチェックしよう

借入の審査を受ける上で、用意する必要書類はいたってシンプルです。

 

主に必要となるのは以下の2点となっています。

 

・本人確認書類

・年収証明書類

 

それぞれどういった書類なのか詳しくみていきましょう。

本人確認書類

本人確認書類は利用者の氏名や住所、生年月日、顔写真などが記載された書類を指します。

 

以下のようなものが本人確認書類として利用できます。

 

・運転免許証

・パスポート

・健康保険証

・住民票の写し

・マイナンバーカード

 

年収証明書類

年収証明書類は、利用者の年収を把握するための書類です。

 

以下のような書類が該当します。

 

・源泉徴収票

・給与支払明細書

・確定申告書

・支払調書

・納税通知書

・所得証明書

・年金証明

・年金通知書

 

これらの書類は、直近の情報が記載された最新のものを用意してください。

 

キャッシングやローンなど信用取引審査時の必要書類「給与支払証明書」とは?

審査に通りやすくするためにできることは?

審査される要素が大まかでも理解できれば、審査に通るための対策もできるようになります。

 

ここでは、借入の審査に通りやすくするためのコツを解説します。

 

以下の4つの点について意識してみてください。

 

・クレジットカードなどの支払い遅延をしない

・年収に適した金額で申し込む

・他社からの借入を減らす/完済する

・申し込みで虚偽申告をしない

 

クレジットカードなどの支払い遅延をしない

信用情報は審査において重要な要素となるため、クレジットカードの支払い遅延などによって、信用情報に傷がつく行為はできるだけ避けてましょう。

 

クレジットカード以外にも、ローンの返済や携帯料金の支払いも滞りなく行う必要があります。

 

また、自己破産や任意整理といった事故情報が記録されてしまうと、審査において大きく不利に働いてしまうので注意してください。

 

年収に適した金額で申し込む

総量規制の観点からも、支払い能力の観点からも、年収に適した借入金額で申し込むというのが大切です。

 

年収の1/3を目安に申し込みましょう。また、他社からの借入を利用している場合は、年収の1/3の金額から借入利用分を引いた金額を目安にしましょう。

他社からの借入を減らす/完済する

複数の会社から借入を行っていると審査に落ちやすくなる傾向があります。

 

そのため、「借入金額を減らす/完済する」「借金を1つにまとめる」などを事前に行った方がいいでしょう。

申し込みで虚偽申告をしない

年収が審査に影響するからといって、虚偽の申告をすると審査に落ちてしまいます。

 

審査に通りたいと思っても、嘘の情報を書いて得することはないので、正直に記入してください。

 

同様に、誤記入によって審査落ちしてしまうケースもあるので、申し込みの際は情報を正確に記入するようにしましょう。

 

安定した収入がなくても借入は可能?

借入の審査では利用者の年収や雇用形態などが影響するため、学生や主婦など収入のない方は利用できないと思ってしまうかもしれません。

 

しかし、主婦や学生など収入がない方でも、お金を借りられる可能性はあります。

 

例えば、主婦であれば配偶者に安定した収入があれば審査に通ることはできますし、配偶者貸付という制度を利用すれば、総量規制にも引っかかりません。

専業でもOK。主婦のための銀行系カードローン

 

学生の方でも「学生ローン」などを利用すればお金を借りることはできますし、アルバイトなどで一定の収入があれば審査に通ることもあります。

朝一申し込み→夕方には口座に振込!最速で学生がお金を借りる方法

 

まとめ

借入を申し込む際に受ける「審査」について詳しく解説していきました。

 

審査基準は明確に公表されているわけではありませんが、どのようなポイントが判断されるのかについては把握可能です。審査に通りやすくするコツを抑えながら、審査に落ちてしまう行為を避けてください。

 

審査が行われる目的を理解して、借入を利用してみてください。

  • この記事を書いた人
TENRAKUキャッシング編集部

TENRAKU-cashing

TENRAKUキャッシングは、どんな時でも⼈⽣が前向きになれるお⾦に関するメディアです。 TENRAKU(転落)を反対にすればRAKUTEN(楽天)。借⾦で転落しても、くよくよせず、逆に楽天的に⽣きることで ⼈⽣明るくなる。 転落しても、這い上がって、楽しく⽣きていこうよ!というメッセージを記事に込めています。

-カードローン, キャッシング・ローン, 学生ローン, 消費者金融

© 2020 TENRAKUキャッシング Powered by AFFINGER5