キャッシング・ローン

キャッシングやローンなど信用取引審査時の必要書類「給与支払証明書」とは?

2020年10月9日

https://kuchikomi-cashing.net

キャッシングやローン、新しいクレジットカードなどの利用開始の際は審査通過が求められ、カード会社や金融機関の審査では申込者の信用調査や返済能力などが厳正に審査されます。

 

信用調査は信用情報機関のクレジットヒストリー(信用取引履歴)を基に行い返済能力審査は申込者の収入証明書類を参考に行うため、収入証明書類は利用申込手続きの必要書類の1つに必ず含まれます。

 

いくつかの種類がある収入証明書のなかでも給与支払証明書は、審査の際に提出を求められるケースが多い書類ですので、給与支払証明書を中心に収入証明書類とはどのような書類であるのかなどを紐解きながら紹介します。

 

キャッシング・ローン・クレジットカードなど信用取引は申請時に厳しい審査が行われる

金融機関から借り入れを行うキャッシングやローン、カード会社が一旦立て替えた利用額をカード会員が後払いできるクレジットカードの利用などは信用取引と呼ばれ、新たな利用希望者には金融機関やカード会社の審査通過が求められます。

 

審査に通過できなければキャッシングやローンを利用できませんし希望のクレジットカードの発給も受けられないので、「どうすれば確実な審査通過を実現できるか?」は消費者にとって興味深いテーマだと言えるのではないでしょうか?

信用取引審査で重要視される契約希望者の返済能力を証明するのが収入証明書類

金融機関やカード会社の審査基準は公表されていないためどのような審査が行われているのかを具体的に知ることはできませんが、一般的に審査時には信用調査と返済能力の確認が行われていると言われています。

 

信用調査は国内3つの信用情報機関のデータベースから提供される「クレジットヒストリー(信用取引履歴)」を参考に行われ、過去に延滞や滞納などの金融事故履歴があるとクレヒスのスコアが低下し評価が下がります。

 

健全なクレヒスは延滞せず着実に返済を行えば積みあげられますが、取引履歴が存在しない初めての信用取引審査を受けるケースなどでは審査対象として返済能力が注目されるのは言うまでもありません。

給与支払証明書は信用取引契約希望者の返済能力を証明する収入証明書類の1つ

信用取引であるキャッシングやローン、クレジットカードの審査は、信用調査と返済能力の確認が審査対象となり、返済能力の確認は提出された収入証明書類を参考に行われるので、収入証明書類は審査結果を左右すると言っても過言ではない重要書類だと言えます。

 

収入証明書類として、調査したい期間を指定して収入確認ができる給与支払証明書の提出が求められる傾向にありますが、給与支払証明書は収入証明書類の1つであり、他の書類を収入証明書類として用いることが可能なケースは珍しくありません。

 

信用取引利用希望者の返済能力を証明する給与支払証明書はどのような書類?

収入証明書類は返済能力の審査に欠かせない重要書類であり、調査したい期間を指定して収入確認が行える給与支払証明書は効果的に査定が行えるため、提出が求められやすいと言える書類です。

 

しかし既述のとおり給与支払証明書だけが収入証明書類として有効であるわけではなく、他の書類を収入証明書類として活用できるケースも珍しくないので収入証明書類について解説します。

給与支払証明書と他の返済能力証明証明書との違いとは?

支払い能力の確認は金融機関やカード会社が行う審査のなかで重要な位置付けがされていると考えられますが、給与支払証明書以外の書類を審査の際に参考とする年収証明書類として提出できるケースも珍しくありません。

 

給与支払証明書以外に収入証明書類として使用できるものとして給料明細・源泉徴収票・課税証明書などが挙げられますし、住民税決定通知書・所得証明書・確定申告書・青色申告決算書・収入内訳書・支払調書などでも収入確認を行うことができます。

 

給与支払証明書以外の収入証明書類として活用されるケースが多い傾向にある給料明細・源泉徴収票・課税証明書と給与支払証明書との違いを紹介します。

給与明細と給与支払証明書は似て非なる書類

1ヶ月の給与明細を確認できるのが給与明細ですので、期間を指定して収入確認を行える給与支払証明書と給与明細は名称は似ているものの全く異なる書類として扱われ、一般的に給与明細を収入証明書にするためには数ヶ月分の提出を求められる点が異なります。

 

代表的な収入証明書類である源泉徴収票と給与支払証明書の違い

1月1日~12月31日の1年間の給与や税金の総額が記載されている源泉徴収票は12月分の給与額が確定後に発行されるので、12月分確定前は前年度の源泉徴収票が最新のとなる点が期間を指定して収入確認を行える給与支払証明書と大きく異なります。

 

発行時期が源泉徴収票と異なる課税証明書と給与支払証明書の違い

前年1年間の所得や税額が記載されていてる課税証明書は源泉徴収票に似た書類ですが源泉徴収票が12月分給与確定時に発行されるのに対し課税証明書は毎年5月中旬~6月中旬に発行される点が異なりますし期間指定で収入確認できない点が給与支払証明書と異なります。

 

信用取引審査時に給与支払証明書など収入証明書提出が必要な理由とは?

金融機関やカード会社の信用取引審査時には審査する名義人の返済能力を確認するためと貸金業法の総量規制が影響しているという2つの理由から、給与支払証明書などの収入証明書類提出が求められます。

 

キャッシングやローンなどは貸金業法の総量規制で貸付上限額が利用者の年収の1/3までに制限されているため、キャッシングやローンの貸付限度額を設定するために収入確認が必要となり給料支払い証明書などの収入証明書類の提出が求められます。

 

給与支払証明書などの収入証明提出なしで信用取引審査を通過するのは可能?

既述のとおりキャッシングやローンは貸金業法の規制を受けますが、貸金業法では「希望借入額が50万円以下の場合」や「他社を含む既存の借入額残高と新規借入額合計が100万円以下の場合」は収入証明書類の提出が不要と定めています。

 

1社からの借入額ではなく借入総額を規制するのが総量規制ですので他社からの借入額残高もカウントされますが、新規借入額50万円以下で他車を含める借入総額が100万円以下ならば年収証明書類なしで信用取引審査を通過できる可能性があると言えますね。

 

給与支払証明書などの収入証明種類はどこで手に入れられる?

一部の例外を除いてキャッシングやローン、クレジットカードの審査には給与支払証明書などの年収証明書類の提出を求められると捉えるべきだと言えますので、審査の際に慌てないように各収入証明書類がどこで取得できるのかを正確に掴んでおく必要があります。

 

どの収入証明書を利用するかで取得先は異なる

収入証明書類として給料明細・源泉徴収票・課税証明書などが挙げられ、住民税決定通知書・所得証明書・確定申告書・青色申告決算書・収入内訳書・支払調書などでも使用できることは既に紹介したとおりです。

 

給与支払証明書と共に違いを紹介した給料明細・源泉徴収票・課税証明書の取得先は次に挙げるとおりです。

  • 給与支払証明書:給与を支払った企業
  • 給与明細:給与を支払った企業
  • 源泉徴収票:給与を支払った企業
  • 課税証明書:居住し住民税の納付を行う地方自治体

給与支払証明書をはじめ多くの収入証明書類は給与を支払った企業から発行されるので勤務先が取得先となりますが、課税証明書は居住し住民税を納付する自治体で取得できます。

 

給与支払証明書は誰でも取得できる?取得条件や取得資格とは

既述のとおり給与支払証明書などの収入証明書類は金融機関やカード会社の審査の際に必要な重要書類で勤務先など給与を支払った企業が発行しますが、既に退職していても取得できるのかや取得できる雇用形態などが気になります。

 

既に退職して数年が経過している場合などは収入確認書類としての効力を失ってしまいますが、退職者でも取得資格はありますので元の勤務先に発行を依頼できますし、雇用形態がアルバイトやパートなど非正規雇用でも雇用先に発行を依頼することは可能です。

 

給与受給者への発行義務がある給料明細書や源泉徴収票は給与を受給していれば条件を満たしているので取得できますし、課税証明書も居住する区市町村に申請すれば手に入れられるので安心です。

 

給与支払証明書に定型様式が存在しない!しかし社印の押印が絶対必要

収入証明書類として利用される給与支払証明書には定型様式が存在しないので基本的にどのような様式のものでも使用できますが、提出先が様式を指定しているケースもあるので事前に指定様式の有無を提出先に確認しておくべきでしょう。

 

また定型様式は存在しませんが発行企業の社印が押印されていないと無効となるので、給与支払証明書を取得した際には社判が押印されているかどうかを絶対に確認して下さいね。

 

給与支払証明書を発行してもらえないケースも存在する

既述のとおり企業に発行が義務付けられているのは給料明細書や源泉徴収票で、現状では給与支払証明書の発行は義務付けられていないので必要となった場合は勤務先に発行を依頼して手に入れる必要があります。

 

企業によっては発行に対応していないケースも珍しくないので、依頼しても発行を断られることもありますので、取得が難しい場合は他の収入証明書類で信用取引審査を行えないかどうかを金融期間やカード会社に確認してみましょう。

 

信用取引審査以外にもこんなシーンで給与支払証明書の提出を求められる

信用取引審査の必要書類として紹介してきましたが、信用取引審査以外でも給与支払証明書の提出を求められるケースが存在します。

 

信用取引審査以外で給与支払証明書の提出を求められるのは

  • ・配偶者など扶養家族の扶養控除申請手続き
  • ・保育園の入園手続き
  • ・公営住宅への申し込み手続き

などの手続きの際ですので、手続きの際に慌てなくても良いように事前に給与支払証明書の手配を行うことをおすすめします。

 

信用取引審査以外でも給与支払証明書以外で収入証明を行うことは可能?

既に紹介したとおり給与支払証明書は期間を指定して収入確認が行える収入証明書類ですが、発行が義務付けられていないため取得できないケースも存在します。

 

諸手続きの際の収入証明書類として求められた給与支払証明書が取得困難な場合は信用取引審査同様に、他の収入証明書類での提出を相談しておく必要があります。

 

まとめ

信用取引審査や扶養控除申請など収入を証明する必要がある手続きの際には収入証明書類の提出が求められ、指定期間の収入確認が行える給与支払証明書が求められる傾向にあります。

 

手続きに必要な重要書類ですので取得したいものですが、発行が義務付けられていないため取得できないケースも存在する書類だと言えますので取得できた場合は厳重に保管する必要があります。

 

また給与支払証明書からは個人情報を詳しく得ることができますので、個人情報漏洩のリスク回避のためにも紛失しないように徹底した管理を強くおすすめします。

  • この記事を書いた人
NOBU

NOBU

2017年4月からフリーライターとしてコツコツ発信を続けています。旅行やツーリングが趣味で知らない場所をフラッと尋ね、現地の方と交流するのが大好きです。執筆時には正確で役にたつ情報を判りやすくお伝えすることを心掛けています!

-キャッシング・ローン

© 2020 TENRAKUキャッシング Powered by AFFINGER5