キャッシング・ローン

キャッシング審査に通る人と落ちる人!審査のチェック項目はなに?

https://kuchikomi-cashing.net

お金が必要になった時に便利なのがキャッシング!希望に応じて、数万円から数百万円というお金を借りることができます。

ですが、キャッシングを利用するには審査を受ける必要があります。そして、中にはその審査に落ちてしまい、お金を借りることができない方もいます。

 

では、審査に通る人と落ちてしまう人にはそれぞれどんな特徴があるのか?

 

今回はキャッシング審査に通りやすい人と落ちやすい人、また、キャッシング審査でチェックされる項目や審査に落ちてしまった時の対処方法などについてお話していきます!キャッシング審査に通り、お金を借りるためにも、ぜひ最後まで記事を読んでみてください!

 

キャッシング審査とは?

まず、そもそもキャッシング審査とは何なのかについて簡単にお話していきます!

 

キャッシング審査とは簡単に言うと、「お金を貸した際に、その人からお金がちゃんと返ってくるのかどうかを判断するために行われるもの」です。審査によって、お金を借りることができるかどうか、また、いくらまで借りることができるかが決まります。

 

審査の基準は会社によって異なり、その審査基準は公開されていません。そのため、必ず審査に通る方法はありませんし、同じ人でも会社によって審査に通ったり、通らなかったりすることがあります。また、そもそも虚偽の申告をしても、審査の際にばれてしまうので、虚偽申告はやめるようにしましょう。

 

○○な人ならキャッシング審査に通りやすい!


審査の基準は公開されていないものの、審査に通りやすい人はいます。

 

では、どんな人なら審査に通りやすいのか。

答えからいうと「お金を継続的に、安定して稼いでいる人」は審査に通りやすいです。

 

当たり前ですが、お金を稼げる人でないと借りたお金を返済することはできません。そのため、お金を貸す側の会社は、あなたに返済するだけのお金を稼げるかどうかを審査でチェックします。

 

なので、会社に勤めていて安定した収入を得ている人は審査に通りやすいです。また、会社に長く勤めていればいるほど、お金を貸した後に会社をやめてしまい、収入が途絶える可能性が低く、審査に通りやすいです。

 

そのため、あなたの勤務歴が長く、借入金額に見合ったお金を安定して稼いでいれば、審査に通る可能性が高いです!

 

△△が多い人は審査が通らない?

ですが、安定してお金を稼いでいれば、必ず審査に通るのかといわれると、そういうわけでもありません!安定した収入があっても審査に落ちてしまう人はいます。

 

では、どんな人が審査に落ちやすいのか?

次はキャッシング審査に落ちやすい人の特徴についてお話していきます!

 

「収入」と「他社借入件数」は超重要ポイント!

先ほどお話した通り、キャッシング審査においては「収入」が大事なポイントとなります。

 

ですが、もう1つ審査で大事なポイントがあります。

それが「他社借入件数」です。

 

仮にお金を貸す相手に安定した収入があっても、他の会社からお金を借りまくっていたら、その人からお金を返済してもらえる可能性は低いですよね。そのため、他の会社からお金を借りていればいるほど、審査には通りにくくなります

 

ちなみに、カードローンや消費者金融からの借入れについては、法律によって年収の3分の1までという規定があり、それ以上の金額を借りることはできないので気を付けてください。

 

スマホの料金を滞納していると審査に落ちる!?

他社借入件数が多い以外にも、スマホ料金やクレジットカードの支払い遅延がある方も要注意です!

 

スマホ料金やクレジットカードの支払いを遅延していると、貸したお金も期日までに返済してくれないのではないかと考えられてしまいます。あとで詳しく解説しますが、スマホ料金やクレジットカードの支払い遅延に関しては、信用情報としてデータが残っているため、ごまかすことはできません。

 

もし今、スマホ料金やクレジットカードの支払いを遅延している場合には、すぐに支払って、今後遅延しないように気を付けましょう。

 

アルバイトやパート、無職でも審査には通るのか?

先ほど、安定した収入があるかどうかが大事なポイントとお伝えしましたが、そうなるとアルバイトやパート、無職の方でも審査に通るのかどうかが気になりますよね。

 

アルバイトやパート、無職の方でも「安定した収入がある」場合なら、審査には通ることができます。なので、アルバイトやパートを中長期間続けており、一定の収入があれば問題はありません。

 

また、無職の方でも株やFX、アフィリエイトなどで収入があれば、審査に通る可能性はあります。

 

ただ、収入が全くない無職の方にはお金を貸すことができないと法律で決まっています。

もし収入が全くない無職の場合で、お金を貸してくれる業者があったとしたら、違法な金利で貸し付けてくる可能性が高いため、注意してください。

 

キャッシング審査の一般的なチェック項目!審査は大きく4つに分けられる!

あなたにお金を貸した場合に、お金を返済してくれるかどうかを判断するために、キャッシング審査では4つの審査を行います。

その審査が「属性審査」、「信用情報審査」、「書類審査」、「在籍確認」です。

次はその4つの審査でそれぞれチェックされる項目について紹介していきます!

 

属性審査

属性審査では年齢や収入、家族構成、勤務先など、あなた自身の情報をチェックされます。

さらに具体的にいうと、属性審査では主に以下の4つの情報がチェックされます。

 

・本人に関する情報

年収、年齢(生年月日)、性別(男性/女性)、婚姻(独身/既婚)、子供(あり/なし)、同居家族など

 

・仕事に関する情報

勤務先名、勤務先種類(法人/個人/公的機関/自営業)、業種(農林水産、サービス、金融、電機、など)、社員数、勤続年数、職種(営業、事務、労務、技能、接客など)、雇用形態(正社員/派遣社員/契約社員/パート・アルバイト)、役職(管理職/非管理職)、収入形態(固定給/一部歩合制/完全歩合制)など

 

・住居に関する情報

住居形態(持家(自己名義)/持家(家族名義)/賃貸/官舎・社宅/公営住宅)、住居種類(一戸建て/マンション/アパート/公団住宅)、居住年数など

 

・借り入れに関する情報

他社借入件数、他社借入金額、希望借入金額(必要金額、希望限度額)など

 

先ほどお話した通り、上記の中でも収入と他社借入件数が特に重視されます。

 

信用情報審査

信用情報審査ではローンやクレジットカードの利用履歴がチェックされます。

この審査では、過去に支払い遅延がないかが大事なポイントとなります。

 

書類確認

書類確認では、運転免許証や保険証などの本人確認書類と、給与明細書や確定申告書などの収入照明書類がチェックされます。

これらの書類をもとに、申告内容に虚偽がないかを確認します。

 

在籍確認

在籍確認では、あなたの勤務先に電話をかけ、本当に申告した企業で働いているかどうかをチェックします。

 

審査なしでキャッシングすることはできないの?

キャッシングするうえで少しでも早くお金を借りたい、審査を飛ばしたいと考える方もいると思います。

次はキャッシング審査を飛ばすことができるのかどうかについて、お話していきます。

 

基本的に審査がないことはありえない。

まず、キャッシング審査を飛ばすことができるかどうかについてですが、答えをいうと、審査を飛ばすことはできません。キャッシングをするうえで審査は必ず行われます。

 

先ほどお話した通り、収入が全くない無職の方にはお金を貸すことができないなどの法律があるため、審査は必ず行わないといけないのです。

 

ただ、既に審査済みのキャッシング機能付きクレジットカードがあれば、すぐにお金を借りることができます。

 

審査を最短30分で終わらせることはできる!

審査を飛ばすことはできませんが、消費者金融であれば、審査を最短30分で終わらせることはできます。少しでも早くお金を借りたいという方は、消費者金融を利用するようにしましょう。

ちなみに、ネットで申し込むより、無人契約機や来店での申し込みの方が、審査がすぐに終わる傾向にあります。

最短30分で審査可能な消費者金融はこちら

全国即日キャッシング・借換ローンの【トライフィナンシャルサービス】

審査に落ちてしまったらどうすればいい?再申し込みして審査を通す方法!

一度キャッシング審査に落ちてしまった場合でも、再度審査を申し込んで、通ることもあります。

そして、再申し込みして審査に通りやすくするためにはいくつかのポイントがあります。

次はそのポイントを5つ紹介していきます。

 

①消費者金融に申し込む

一般的に消費者金融の方が、銀行や信販会社より審査が甘い傾向にあります。そのため、銀行や信販会社のキャッシング審査に落ちてしまったのであれば、次は消費者金融に審査を申し込むことをおすすめします。

 

②収入を増やす

キャッシング審査で大事なポイントとなるのが収入。その収入を増やせば、審査に通りやすくなります。

副業をする、残業する、アルバイトの時間を増やすなどして、収入を増やしてみましょう。

 

➂借入金額を減らす

収入に加えて、もう1つ大事なポイントとなるのが「他社借入件数」です。

他社からの借り入れがある方は借入件数・借入金額を減らすことで、審査に通りやすくなります。

特に他社借入件数が4件以上の場合は審査に落ちやすいので、必ず返済してから再申し込みするようにしましょう。

 

④借入希望金額を減らす

収入や他社借入件数に対して、借入希望金額が高すぎると審査に落ちやすくなります。

もし落ちてしまった場合には借入希望金額を下げ、収入と他社借入件数に見合った金額を提示するようにしてみましょう。

 

⑤情報が消えるのを待つ

キャッシングして、返済を遅延した情報などは最長で5年ほど残ると言われています。そのため、支払い遅延してから最長5年間は審査に落ちやすくなってしまいます。急いでお金を借りる必要がない方は、情報が消えるのを待つのも1つの手です。

 

キャッシング審査が不安な方は借入診断サービスを利用しよう!

今回紹介してきたようにキャッシング審査で大事なポイントとなるのは「貸したお金を返済してくれそうかどうか」ということです!

 

もし審査に通るかどうか不安という場合には、消費者金融や銀行のホームページにある借入診断サービスを利用してみるのがおすすめ!

実際に申し込みをしなくても、年齢や年収、他社借入状況などをもとに、借り入れ可能かどうかすぐに診断してくれます。

 

ぜひ、この記事で紹介したことを参考にして、キャッシング審査に臨んでみてください!

  • この記事を書いた人
こうき

koki

フリーライターとして活動しています! 趣味はジャズダンス。役に立つ情報を分かりやすくお伝えします!

-キャッシング・ローン

© 2020 TENRAKUキャッシング Powered by AFFINGER5