キャッシング・ローン プロミス モビット

キャッシングをする人必見!プロミスとモビットを徹底比較

2020年10月16日

https://kuchikomi-cashing.net

「支払いがあるけど、手元にお金がない」「給料日までの少しの間、つなぎのお金が欲しい」

そんな突然の金欠のピンチを切り抜けるために、キャッシングはとても頼れる存在です。

でも、CMでよく見かけるようにキャッシングはカード会社がたくさんあって、違いがよく分からないですよね。

しかし、一見同じように見えても、実はカード会社ごとに特徴が全く違います

違いが分からないまま適当に選んでしまうと、損をすることになってしまいますよ。

今回は、キャッシング会社の中でも特に人気の、プロミスとモビットの違いを徹底的に比較していきます。

この記事を読んで両者の違いを知れば、自分に合ったキャッシングができますよ。

 

キャッシングとは

そもそも、キャッシングとはどういう仕組みなのでしょうか。

 

キャッシングには大きくわけて2つの種類があります。

ひとつ目は消費者金融会社、信販・クレジット会社及び銀行が提供している「カードローン」のキャッシング

もうひとつが「クレジットカード」の付帯機能としてのキャッシングです。

 

クレジットカードの場合は、2つの利用枠が使えるようになります。

ショッピングご利用可能額と、キャッシングご利用可能額です。

 

お金を借りるときは、この2つ目のキャッシング枠を使います。

 

キャッシングでは、どのくらい借りることができるのでしょうか。

金額の上限は、クレジットカードを作る時の審査で決まった利用可能額内であれば借りることができます。

先にショッピング機能のみのクレジットカードを作って、あとでキャッシング機能を追加することも可能です。

返済方法には2種類あり、1回払いとリボ払いが選べます

手数料が安いのは1回払いなので、お金に余裕がある場合は1回払いで早めに返してしまいたいですね。

 

キャッシングの利用方法

では、キャッシングを利用するにはどのような方法があるのでしょうか。

キャッシングは、コンビニなどにあるATMでは24時間いつでも自由に引き出すことができます。

銀行や郵便局のATMでもできますが、営業時間が限られていますので注意が必要です。

その他にも、電話やネットから申し込んで、口座に直接振り込んでもらうオンラインサービスもあります。

しかし、それぞれ手数料がかかりますので、事前に確認しておいてくださいね。

山内真由美/CFP

「クレジットカード」のキャッシンング枠の借り入れ金利は15~18%程度で「カードローン」のキャッシングと比較すると高めに設定されています。

また「クレジットカード」のキャッシング枠は付帯サービスのため借り入れ限度額も一般的に「カードローン」より少なめに設定されています。

すでにクレジットカードを保有していて、キャッシング枠がある場合に少額を短期で利用する方には改めて審査がいらず便利な機能でしょう。

ある程度の額を借りる場合やなるべく金利を抑えたいと考えている方には「カードローン」のキャッシンング利用がおすすめです。

プロミスとモビットの特徴

↑プロミス

↓モビット

プロミスとモビットの違いを見る前に、共通点を見ておきましょう。

両者はどちらも三井住友ファイナンシャルグループであり、大手の消費者金融です。

そのため、三井住友銀行があれば、手数料無用で引き出しができますよ。

では、プロミスとモビットが人気である理由を、順番に見ていきましょう。

 

プロミスの特徴

プロミスの最大の特徴は、借り入れから30日間は利息がかからないことです。

他の会社は基本的に契約すると無利息期間が開始されるのに対し、プロミスは借り入れをした日から起算してくれるので少しお得ですよね。

また、スピーディな融資を得意としていて、最短60分で融資を受けられます。

プロミス

プロミス

2020年 オリコン顧客満足度調査
ノンバンクカードローン NO.1

50万円以下の融資の場合
収入証明書類原則不要!

融資限度額 1万円〜500万円
利息(実質年率) 4.5%〜17.8%
金利無利息サービス はじめての方は初回利用日の翌日から30日間無利息
審査結果が出るまで 最短15秒回答 最短30分融資
即日借入 あり
WEB完結 あり

プロミス公式サイトはコチラ

プロミスで借りるメリット

プロミスで借りるメリットは、初回利用時の無利息期間サービスです。

契約時ではなく、借り入れをした日から無利息期間を起算してくれるので、利用前にカードだけ先に作っておくことができます。

また、30日間以内であれば、追加キャッシングをしても利息はかかりません。

土日祝・夜間もWEB申込で24時間振り込み可能である点も安心ですよね。

さらに、プロミス会員になるとプロミスポイントサービスが利用できます。

利用時に貯まるポイントを使えば、7日間無利息サービスや、ATM手数料無料サービスを利用することができますよ。

他にも、プロミスは返済の方法が他社より多いため、返済する時にも便利です。

女性の借り入れ時に安心な、女性専用レディースコールもあります

プロミスで借りるデメリット

プロミスの金利は4.5%から17.8%までの間で、審査によって決まります。

17.8%という上限金利は、消費者金融系のカードと比べると低いですが、みずほ銀行やイオン銀行と比べると少し割高です。長期間借り入れにはあまり向いていません。

また、アコムなどは借り入れ限度額が800万円であるのに対して、プロミスの借り入れ限度額は500万円であり、少なめに設定されています。

ただし、総量規制といって年収の3分の1以上は借り入れができない決まりがあるので、この上限はあまり気にならないかもしれません。

プロミスがオススメなのはこんな人

こんな方におすすめ

  • 初めての利用で借り入れから30日以内に返済予定がある人
  • 少ない金額を短期間で借りたい人
  • スピーディに融資を受けたい人
  • WEBで振り込み融資をしたい人

プロミス公式サイトはコチラ

山内真由美/CFP

お金を借りる時に1番に考えて欲しいこと。

それは「ちゃんと返すことができる金額であるか」です。「いくらまで借りられるか、ではなく、無理せず返せるお金はいくらか」で考えましょう。早期に完済し、金利負担をなるべく少なくしましょう。

モビットの特徴

では、次にモビットの特徴を見ていきましょう。

モビットの最大の特徴は誰にもばれずに借りれるところです。

「カードを作りたいけど、在籍確認で会社に電話をかけられたくないな。」と思う人は多いですよね。

モビットは、WEB申込を利用すれば電話の在籍確認が必要ありません

また、郵送物が送られてくることもないので、家族にばれる心配もありませんよ。

他にも、モビットは申し込み後たった10秒で、簡易審査により結果を知ることができるサービスがあります。

借りることができるのかどうか確認したい、という人にはピッタリですね。

モビットは、こうした借りる側の気持ちを考えたサービスが様々ありますよ。

モビット

モビット

業界初!!HDI格付けベンチマーク「クオリティ」格付けにて
三つ星を獲得★★★

返済でTポイントが貯まる!

融資限度額 1万円〜800万円
利息(実質年率) 3.0%〜18.0%
金利無利息サービス なし
審査結果が出るまで 最短10秒の簡易審査!
即日借入 あり
WEB完結 あり

SMBCモビット公式サイトはコチラ

モビットで借りるメリット

モビットのWEB申込については先ほどお話しましたが、メリットは他にもあります。

WEB申込をすると、なんとカードを受け取る必要がありません

ネット環境さえあれば、契約から融資がスムーズに完結してしまうのです。

これにより、カードの紛失や、ふとした時に誰かに見られる心配も無くなります。

また、モビットには専用の無料スマホアプリがあるので、ダウンロードすれば簡単に会員サービスを利用できますよ。

 

モビットで借りるデメリット

モビットには、初回利用時の無利息期間の制度はありません

初回利用ですぐに返済予定のある人にとっては、少し損した気持ちになりますよね。

 

また、モビットは無人機の数が少ないところもデメリットです。

三井住友銀行が近くにあれば手数料無料で利用できますが、それ以外のATMは手数料がかかってしまいます。

利用前に無人機の設置されている場所を確認しておきましょう。

 

モビットがオススメなのはこんな人

こんな方におすすめ

  • 周りにキャッシングをしていることがバレたくない人
  • 在籍確認の電話をしてほしくない人
  • 初回の借り入れの返済予定が30日以上先である人
  • カードなしのネット融資を受けたい人
山内真由美/CFP

在籍確認の目的は本人が実際に働いているかを確かめることで返済能力の有無を調べることです。プライバシーに配慮して行われますのでそれほど不安に思う必要はないのですが、勤務時間中に私用電話の取次ぎをしてもらうことを心苦しく思う方もいるかもしれません。そのような方にとって便利なサービスです。

SMBCモビット公式サイトはコチラ

 

プロミスとモビットを状況別に比較

プロミスとモビットには、それぞれメリット・デメリットがあることが分かりました。

しかし、結局自分にはどちらが合っているのでしょうか。

どちらを選ぶか悩んでいる人向けに、こんな時はどっちがいいの?という状況別に両者を比較してみます。

 

融資を早く受けれるのは?

とにかく早くお金が必要だ、といった場合はどちらがオススメなのでしょうか。

プロミスとモビットは、どちらも即日の融資を受けることができます。

審査時間も両者共に30分程度ですので、どちらを選んでもあまり違いはありませんね。

しかし、無人契約機の設置台数はプロミスの方が、モビットより3倍ほど多いです。

即日融資はネットと無人契約機の契約が必須なので、わずかにプロミスの方が有利であるといえます。

 

返済額が少ないのは?

借りられたのはいいけどちゃんと返済できるか心配、という人も多いですよね。

毎月の返済が少ないのはどちらなのでしょうか。

プロミスは借り入れが5万円以内であった場合、月々の返済額は2000円です。

一方で、モビットは10万円以内の借り入れであれば、月々の返済額は一律4000円となっています。

5万円以下の借り入れを検討している方は、プロミス方が返済は少ないですね。

しかし、5万円を超えると返済額は同じですので、5万円以上の借り入れ予定の人にとって違いはありません。

 

周囲の人にばれないのは?

借り入れ時に、周囲の人にばれにないのはどちらなのでしょうか。

プロミスとモビットは、どちらも郵送物を送付なしにできます。

しかし、支払い滞納などの督促状は届きますので、返済期限には注意してください。

 

また、在籍確認の電話がないのはモビットだけなので、周囲の人にばれたくない人にオススメなのはモビットですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

プロミスとモビットにはそれぞれ特徴があることが分かりました。

メリット・デメリットを比較して、自分に合った方を選んでくださいね。

特に初めてのキャッシングは、何かと不安で緊張しますよね。

しかし、特徴を理解して正しく利用できれば問題ありません。

キャッシングをうまく活用して、充実した人生を送ってくださいね。

 

■最短1時間融資も可能!プロミスはこちら 

 

■電話連絡・郵送物なし!モビットはこちら 

山内真由美/CFP

どうしても急ぎでお金が必要な時、家族や友人に相談出来たらよいのですが、頼れる人が側にいない場合に「キャッシング」を利用することで急場をしのぐことが出来ます。

緊急時の強い味方となってくれるでしょう。そして返済に困らないようにするには、副業がOKな職場なら本業に支障が出ない範囲でバイトして収入を得る、もしくは支出を見直して返済資金に充てるなど、早期完済に向けて前向きに家計改善に取り組みたいですね。

  • この記事を書いた人
なな

nana

FP2級、行政書士などの資格を持つ、お金大好きライター。趣味は料理、旅行。現在、人生を充実させるためのお金との付き合い方を模索中。ペットは犬2匹。

-キャッシング・ローン, プロミス, モビット

© 2020 TENRAKUキャッシング Powered by AFFINGER5