インタビュー・体験談

【実録】競馬が原因で夫が借金まみれに!崩壊・転落した家族の末路

競馬が原因で家庭崩壊

https://kuchikomi-cashing.net

私は36歳のシングルマザー。10歳になる娘を一人で育てています。数年前まで夫がいましたが、とんでもない競馬狂いでした。

離婚の原因は、競馬による多額の借金です。

競馬に狂った夫のせいで私たち家族はバラバラになったのです。今回は私が味わった競馬狂いの夫との、地獄の日々や人生転落の経緯を告白したいと思います。

岡野陽子さん(仮名)
36歳
A型
保育士
10歳の娘を持つシングルマザー。23歳で結婚したが夫の借金が原因で34歳の時に離婚

 

競馬による借金地獄のはじまり。前兆はソシャゲ課金だった

夫は結婚前から金遣いの荒い人でした。毎月決めた金額を貯金していたものの、それ以外は全て使ってしまう性格。実家住まいだったこともあり、生活に困る危険がなかったせいかもしれません。

 

そんな夫と出会い、2年の交際を得て結婚。2年後には可愛い娘も生まれ、「2~3年後には二人目が欲しいな」と漠然と考えていました。

しかし私の人生の歯車は、この瞬間からもうすでに狂い始めていたのです。

 

夫はスマホゲーム…いわゆるソシャゲーが好きな人でした。月に数万円程度課金をしていましたが、お小遣いの範囲と考え、許していました。

ソシャゲーにはまる

私もまだ働いており、さらに住まいは夫の実家。義理の両親との同居にはストレスもありましたが、家賃や光熱費はゼロだったため、我慢していました。

 

そして夫にはもうひとつ、趣味がありました。競馬です。休みの日には私と子供を自宅に残して競馬場へ通う日々。

 

たまに勝つ日もあったようですが、大抵は負けて帰ってきました。休みの日に自宅にいない夫への不満が募り、私は彼にある提案をしたのです。今思えば、この提案が転落人生への始まりでした。

 

競馬アプリが原因でさらに借金が加速。人生転落寸前に

私は夫に競馬アプリを勧めました。競馬アプリとは、馬券をネットで購入し、競馬に参加できるアプリです。

私は夫に家にいてほしい。アプリなら家でできるし、家族との時間が増えるのでは?と考えました。しかしそれが、人生転落への後押しだったのです。

ここから私と競馬狂いの夫、そして夫の両親をも巻き込むお家騒動へと発展するのでした。

 

馬券はアプリを経由してクレジットカードなどで決済します。クレジットカードの手軽さがよくなかったのでしょう。夫はどんどん競馬にハマり掛け金も大きくなっていきました。

 

最初は数万円程度だったのものが、やがて一回の競馬で10万、20万と増え、ついには夫の一か月の給料を超える額を使うようになったのです。

 

夫は町の小さな食品系の工場で働いてます。給料は夜勤や残業を頑張って30万円程度。うちは決して裕福な家ではありません。

ついに夫の給料は競馬に消え、私の給料で生活をするようになりました。

 

私は保育士でしたが、給料は15万円前後とそこまで多くありません。夫に競馬を辞めるように言っても「気を付ける」の一言だけ。

 

気付けば借金が膨らみ、100万円ほどになっていたのです。夫の給料は消費者金融への返済と競馬に消えていきます。夫の競馬狂いは治らず、ついに私たち家族を追い詰める出来事が起こったのです。

 

繰り返す競馬と借金。生活費や子供の貯金を全て使われる

ある日私は、夫に預けていた独身時代の貯金が、ゼロになっていることに気付きました。すごく嫌な予感がして確認すると、なんと子供の学資保険が勝手に解約され、解約金が使い込まれていたのです。

さらに家を買うために貯めていた頭金まで、競馬に使われていました。

預金通帳

頭金は結婚当時からふたりで貯めていたもので、200万円以上はありました。200万円を夫は、半年足らずで競馬に注ぎ込んだことになります。

 

気付かないうちに、私たちの財産はゼロになっていました。それでも「次で取り戻す」と競馬をやめない夫。もう異常としか思えませんでした。

 

困った私は、両親に相談。両親は激怒し、「離婚しなさい」と言われました。しかし義理の両親が離婚に反対し、「一旦、借金は肩代わりするから」という条件で保留にすることに。

 

消費者金融から借りた100万円ほどの借金は、一旦義理の両親が完済してくれました。しかし悲劇はこれでは終わらなかったのです。

 

私の両親と義理の両親にたっぷりと怒られ、夫は競馬を辞めたように思えました。「これでやっと再スタートできる」と思ったのも束の間。

約一年後、大量の督促状が自宅に届きます

 

差出人は消費者金融や、聞いたことのない貸金業者でした。恐らく闇金のようなものにも手を出していたのでしょう。一年前に義理の両親が返済した借金が、再び復活。さらに膨れ上がって、私たちに襲い掛かりました。

 

夫は私や家族に気付かれないよう、こっそりとアプリで競馬を続けていたのです。そして借金を繰り返していました。

 

「俺は病気じゃない!」と自宅で大暴れ。離婚の決意

病院

競馬がやめられない夫はすでに病気だと思いました。そのため私は、夫に「ギャンブル外来」の受診を勧めることに。

 

病院でしっかり治せば、また元の生活に戻れる…と考えたのです。しかし夫は「病院」と聞いた途端、烈火のごとく怒りだし、

「俺は病気じゃない!」と自宅で大暴れ。手が付けられない状態になってしまいました。

 

その後両親を交えて、夫とよく話し合い、ギャンブル外来に行く約束をしました。しかし素直に病院に行くわけがありません。

 

「忙しいから」となんだかんだと理由を付け、病院に行くことはありませんでした。さらに「病院に行った」と嘘までつく始末。競馬を辞めず、ギャンブル依存症を治す気持ちがないのであれば、もう終わりです。

私は離婚を決意しました。

■関連記事:ギャンブルの借金から抜け出す方法!心理カウンセラーがギャンブル依存症の心理、解決方法を教えます

夫が離婚に同意せず、調停へ

幸い、私には仕事があります。娘も小学校に入るため、仕事に支障はありません。私は決心し、離婚の意を夫に伝えました。

 

しかし、夫が「離婚はしたくない」と猛反対。さらに「離婚をするなら、子供は置いていけ」とめちゃくちゃなことを言いだしたのです。

 

もちろんギャンブル依存症の夫の元に、子供を置いていくわけにはいきません。子供のために貯めた貯金まで使われ、子供まで奪われたら、人生転落どころの話じゃ済まされません。

私は両親と相談し、調停を立てることにしました。

 

その後、度重なる話し合いで心身ともにぐったりしましたが、なんとか離婚が成立し、私は夫の実家を出たのです。

 

今は小さなマンションを借り、娘と一緒に暮らしています。唯一良かったのは、結婚と同時に仕事をやめなかったこと。働きながらの育児は大変でしたが、なんとか収入を確保できて幸いでした。

 

離婚しても元夫との縁は切れない

夫と離婚すれば、夫婦は他人同士になります。しかし結婚の事実を消すことはできません。彼は未だに諦めていないらしく、私のSNSに「いいね」をしてきたり、義理の両親を通して子供に会いたいと要求してきます。

 

正直、娘には一生会わせたくはありませんが、娘にとってはたった一人の父親です。複雑な心境ですが、定期的に会わせるしかないのかな…と諦めムードに。義理の両親はすごくいい人だったので、このような結果になって本当に残念です。

 

人生転落のきっかけとなった競馬。「私が競馬アプリを見つけなければ…」と後悔することもあります。しかしギャンブルを辞めず、病院にも行かなかったのは彼の考えです。私には止めることはできませんでした。

 

彼との縁は切ることができません。夫婦の4組に1組が離婚する時代といわれていますが、まさか自分がその中に入るなんて、思いもしませんでした。

 

まとめ

今回は私が実際に経験した、競馬依存・ギャンブル依存症の夫の話をしてきました。

ギャンブル狂いになった場合、周りの意見を本当に聞きません。「自分は大丈夫」「病気ではないと思ってしまう恐ろしいものです。

今回私はギャンブル依存症の怖さを目の当たりにしました。この経験が、誰かの役に立てば嬉しいです。

■関連記事:あの林修先生も⁉競馬で借金まみれになった人の末路。ギャンブル依存症と戦う人のブログも紹介

こちらもCHECK

ギャンブルの借金から抜け出す方法!心理カウンセラーがギャンブル依存症の心理、解決方法を教えます

こんにちは、メンタル心理カウンセラーの下村さきです。 少しだけ、自己紹介させてください。 私は、2012年に恋愛エッセイストとしての活動を開始し、そのことをきっかけに数多くの恋愛相談を受けるようになり ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
Avatar

yu-ko

元消費者金融の督促部に勤務。その後ブライダルローンにも勤める。現在はフリーで活動し、ライター歴は5年。借金問題、キャッシング、クレジットカード系の記事以外では、法律関係の記事も執筆しております。金融機関での勤務経験を活かした、ネットで調べても出てこないような話などを交えた記事を執筆していきます。

-インタビュー・体験談

© 2021 TENRAKUキャッシング Powered by AFFINGER5