クレジットカード

20,000ポイント獲得せよ!マイナポイントを楽天カードで登録するべき4つの理由。

2020年11月17日

マイナポイントを楽天カードで登録する人

https://kuchikomi-cashing.net

2020年9月1日から始まったマイナポイント。

テレビやCMでも宣伝されていますが、もう登録はお済みでしょうか?

 

「登録方法が分からない。」

「どこが一番お得なのか知りたい。」

「一体どんなメリットがあるの?」

 

お得であることが知られている一方で、上記のような悩みを持っている人もいます。

結論から申し上げますと、マイナポイントは楽天カードで登録することがおすすめです。

本記事では、マイナポイントの内容や、楽天カードがおすすめである理由をお伝えします。

家族で20,000ポイント獲得する方法も教えます!

 

マイナポイントとは?

マイナポイントとは、総務省が行っている施策です。

お持ちのマイナンバーカードを登録すれば、キャッシュレス決済・チャージをした時にポイントが付与されます

登録後は、利用金額から25%という非常に高い還元率で、一人当たり最大で5,000円分が後日付与されます。

家族全員で登録すれば、非常にお得ですよね。

まだ登録していない人は、早めに登録することをおすすめします。

 

はじめに、マイナポイントをもらう方法や、登録方法などを紹介します。

 

マイナポイントをもらう方法

数あるキャッシュレス決済の中からひとつを選んで、マイナポイントを登録しなければなりません。

登録可能なキャッシュレス決済はたくさんあるので、活用しやすいものを選びましょう。

QRコード決済・電子マネー決済・クレジットカードなどがありますよ。

登録後、選んだ決済サービスで支払い・チャージを行えば、利用した金額分の25%、最大で5,000円分が後日付与されます

もらったポイントは、いつも使っているお店で利用することができますよ。

 

マイナポイントはいつからいつまで??

対象期間

2020年9月1日~2021年3月31日が対象となる期間です。

うっかり過ぎてしまうことのないように、気をつけてくださいね。

 

還元時期

還元される時期は、決済サービスによって異なります。

また、いつ還元されるかは、利用金額によって違っています。

今回は、楽天カードを選んだ場合の還元時期を紹介します。

 

2万円を超えて利用した場合

2万円分の利用金額がある場合は、翌々月に付与されます。

例えば、10月と11月の利用金額を合わせて2万円を超えた場合、1月25日頃に5,000円分が一気に付与されます。

 

2万円を超えなかった場合

2021年3月31日の時点で利用金額が2万円を超えなかった場合、利用した金額の25%が5月25日頃に付与されますよ。

 

楽天カードにマイナポイントを登録する方法

これから、楽天カードにスムーズにマイナポイントを登録する方法をお伝えします。

今回は、アプリを使ったスマホからの登録方法を紹介します。

 

用意するもの

登録には、事前に以下の4つを用意する必要があります。

  • マイナンバーカード
  • 楽天カード
  • マイナポイントのアプリ
  • 楽天カードのアプリ

 

スムーズに進めるためにも、アプリは前もってインストールしておきましょう。

なお、マイナポイントの専用アプリを使って登録するには、お持ちのスマホの機種がマイナンバーカード読み取りに対応しているNFCスマホである必要があります。

非対応の場合はスマホで登録ができないので、他の方法を試してください。

お持ちのスマホが対応のものか調べたい方は、公的個人認証サービスポータルサイトのよくあるご質問一覧

(https://www.jpki.go.jp/faq/nfc.html)から、以下のサイト

(https://www2.jpki.go.jp/prepare/pdf/nfclist.pdf)で確認ができますよ。

 

全て用意できたら、以下の手順で進めます。

 

マイナンバーカード読み取り

アプリ起動後、マイナポイント予約をタップします。

画面の指示に従って、マイナンバーカードを読み取ります。

読み取りができたら、パスワードを間違えないように入力してください。

 

マイキーIDを保存

自動生成されたマイキーIDが画面に表示されるので、確認した後、発行します。

表示されたマイキーIDはスクリーンショットして、大切に保存しておいてください。

スマホの破損や紛失が起きた時のために、メモを取っておくこともおすすめです。

 

楽天カードアプリをダウンロード

楽天カードアプリをダウンロード後、自分の楽天IDとパスワードでログインします。

アプリにログイン後、左下の「その他」をタップします。

画面が変わったら、上側の歯車のアイコンをタップしてください。

設定画面になると、画面の中央あたりに「マイナポイント申込」と表示があります。

そのまま申し込み画面に進むと、マイナポイントの専用アプリに移動します。

その後、画面の指示に従って入力すれば申し込み完了です。

 

楽天カードを利用する

楽天カードを使って、期間中に通常通り支払い・チャージを行ってください。

日々の支払いをうまく使えば、2万円はそこまで高いハードルではありません。

おすすめは、光熱費・ガス水道代などの公共料金を楽天カードで支払う方法です。

公共料金は毎月支払いがある上に、高額な生活費です。

買い物では難しくても、固定費なら2万円という金額をすぐ超えられるという人も多いのではないでしょうか。

また、これらをクレジットカードで支払うことで、ポイントも獲得できます。

 

さらに、クレジットカード支払いは家計の一元管理にもつながります。

領収書の管理や口座の残高を確認するのを手間に感じる人も多いでしょう。

クレジットカードはWebで利用明細を見ることができるので、管理の手間が必要ありません。

過去の料金をさかのぼって確認することができるので、支払額を簡単に把握できます。

 

以上、登録方法をお伝えしました。

 

その他の登録方法

マイナポイントの登録は、スマホ以外でも可能です。

スマホ以外の登録方法は、下記で紹介する2種類の方法があります。

お持ちのスマホの機種がマイナンバーカード読み取り非対応である場合は、以下の方法で登録を行って下さい。

ただし、以下の方法は少し手間がかかるため、対応のスマホを持っている人は、スマホから登録を行うことをおすすめします。

それでは、順番に見ていきましょう。

 

パソコンで登録

パソコンで登録をするためには、事前にマイキーIDの作成・登録ソフトのインストールが必須です。

また、マイナンバーカード読み取りに対応したICカードリーダーを購入して接続をする手間がかかるため、あまりおすすめではありません

 

マイナポイントの手続スポットで登録

全国のあらゆる場所に設置された専用の端末を使う方法です。

専用端末は、市町村の窓口や、郵便局、コンビニ、携帯ショップなどに設置されていますよ。

手続スポットは、今後開設予定のものも含めると約9万箇所あるため、近隣の店舗を利用してください。

最寄りの手続スポットを知りたい方は、マイナポイントの手続スポット検索

(https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/reserve_search/)で検索してくださいね。

 

楽天カードでマイナポイントを登録するべき4つの理由

現在、登録できるサービスはたくさんあるため、どれを選ぶか悩む人も多いでしょう。

数あるサービスの中でも、楽天カードが一番おすすめです。

自信を持っておすすめできる理由を4つ、ご紹介します。

1.ポイントが貯まりやすい

楽天ポイントは開催されるキャンペーンの数が多く、ポイントが貯まりやすいという特徴があります。

貯まったポイントは、楽天市場・楽天トラベル・楽天モバイルなどの楽天サービスを利用すれば、1ポイントを1円で使うことができます。

 

また、ポイントをゲットできるのは買い物をした時だけはありません。

毎日挑戦できるアプリ限定のラッキーくじや、楽天サービスを新規登録した際に付与されるものもありますよ。

楽天の加盟店に来店してポイントをもらう「楽天チェック」もおすすめです。

 

上記のように、楽天カードはポイントが貯まりやすく、使いやすいのが魅力です。

せっかくマイナポイントに申し込んで5,000ポイントをもらうなら、少しでもお得に使いたいですよね。

楽天サービスは数が多いので、ライフスタイルに合わせて便利に活用できます。

 

2.複数のポイントをまとめて獲得

通常のポイントに加えて、電子マネーを使えば複数のポイントをまとめて獲得することも可能です。

楽天カードから楽天ペイにチャージして支払うことで、最大1.5%の還元率で楽天ポイントがザクザク貯まります。

また、楽天Edyでも楽天ポイントをためる設定を行った後、楽天カードで使いたい分だけチャージして支払うと、合計で1%のポイントが貯まります。

街の楽天ポイント加盟店で買い物をすると、さらに1%還元率が上がります。

楽天チェックの加盟店であった場合には、くじ引きに参加してゲーム感覚でポイントがゲットできます。

全て合わせると、4重ものポイントがまとめて獲得できるため、非常にお得ですよ。

 

3.マイナポイントに関連するキャンペーン

楽天では、定期的に会員向けのキャンペーンを行っています。

もちろん、マイナポイントに関連するのキャンペーンも不定期に開催されています。

新しいキャンペーンを見逃さないためにも、会員サイトを定期的にチェックしておいてくださいね。

 

抽選でポイント10倍

マイナポイントを楽天カードで申し込むと、抽選で1,500人に10倍のポイントが付与されます。

特設キャンペーンページで事前エントリー後、2020年10月26日~2020年11月4日の間に楽天市場を利用した金額分が対象です。

当選ポイントは1人につき3,000ポイントまでで、2020年12月25日頃に付与されます。

ただし、残念ながら、2020年11月4日までの申し込み者限定となっています。現在は期間外です。

 

「マイナポイント×楽天カード丸わかりクイズ」

楽天では「マイナポイント×楽天カード丸わかりクイズ」を開催中です。

キャンペーンの期間は、2020年7月29日~2021年3月31日です。

申し込みを行っていない人も参加できるので、おすすめです。

 

「マイナポイント×楽天カード丸わかりクイズ」は、楽天会員の方は誰でも参加できます。

出題される4つの問題に対し、選択肢から正しい答えを選びます。

全問正解後、抽選で毎月100,000人に当たる最大10,000ポイントがもらえるキャンペーンに応募できます。

出題内容は非常に簡単で、マイナポイントの基礎知識があればたいていの人が全問正解できるでしょう。

https://www.rakuten-card.co.jp/campaign/spt/other/20200729/?l-id=corp_pc_mynumber-lp_to_mynumber-quiz_pc

4.使える場面が多い

楽天カードは日々の買い物や公共料金だけではなく、住民税や自動車税など税金の支払いに利用することも可能です。

税金の支払いは高額になることも多いので、ポイントがお得に貯められます。

その他、楽天は楽天市場・楽天トラベル・楽天ビューティー・楽天でんきなどのサービスが豊富です。

このように、楽天カードは生活する上で使える場面が多く、使い勝手は抜群です。

 

楽天サービスでマイナポイントを活用する方法

楽天カードを使った、お得な活用方法をご紹介しました。

しかし、対象金額がいくらになっているのか確認したい人や、ポイントの使い道を知りたい人もいますよね。

以下のサービスを知っておけば、マイナポイントをさらに活用できますよ。

 

ポイントが付与される対象金額の確認方法

今、マイナポイント対象金額が一体いくらになっているかは、楽天カードのアプリから簡単に調べることができます。

アプリにログイン後、左下の「その他」をタップします。

画面が変わったら、上側の歯車のアイコンをタップしてください。

設定画面に、申し込み前は「マイナポイント申込」の表示がありました。

しかし、申し込み後は「マイナポイント確認」の表示になっていします。

ここからいつでもマイナポイントの確認ができるので、利用金額が分からなくなった人は見てくださいね。

 

ポイントの使い道

付与されたマイナポイントは、何に使うか悩みますよね。

楽天サービスで使えるポイントの使い道をいくつか紹介します。

 

街ナカで使う

楽天ポイント加盟店

楽天ポイントの加盟店では、現金代わりに楽天ポイントで支払いができます。

1ポイントを1円相当で使えるので、マイナポイントを使えばいつも利用している店舗で5,000円分の買い物ができます。

楽天ポイントの加盟店は、マクドナルド、ガソリンスタンド、ネイルサロン、サカイ引越センターなど、利用できるサービスが幅広いです。

飲食店・ショッピング・美容・暮らし・サービスの部門ごとに多くの加盟店があります。

気になる方は、ぜひ一度調べてみてくださいね。

加盟店は、楽天ポイントカードのサイトの「使えるお店」

(https://pointcard.rakuten.co.jp/partner/)から見ることができます。

 

楽天ペイ加盟店

楽天ペイ加盟店でも、楽天ポイントを現金の代わりに支払いに使うことができます。

全国の飲食店、コンビニ、ドラッグストアなどで使えて、利用できる店舗は現在も増え続けています。

利用できる店舗が知りたい人は、楽天ペイのサイトから、「使えるお店」

(https://pay.rakuten.co.jp/shop/)で調べることができますよ。

テイクアウトに対応している店舗も紹介しているので、コロナウィルス感染を避けるために外出を自粛している人にもおすすめです。

 

楽天Edyに交換する

楽天ポイントを楽天Edyに交換すれば、電子マネーとして支払いができます。

1ポイントは楽天Edy 1円分として使えるため、電子マネーが使えるお店で便利に支払いができます。

楽天Edyへの交換は、Famiポートを使う方法や、パソコン・スマホからもできます。

 

楽天サービスで使う

楽天には、毎日の生活が便利になるさまざまなサービスがあります。

サービスの一部を紹介しますので、利用してみてください。

 

・楽天市場

・楽天トラベル

・楽天ブックス

・楽天モバイル

・楽天銀行

・楽天証券

・楽天でんき

・楽天デリバリー

・楽天ビューティー

・楽天ゴルフ

・楽天TV

・楽天ミュージック

・フリマアプリ ラクマ

 

楽天サービスだけで生活に必要なサービスを網羅できるくらい、豊富なサービスがあります。

サービスは年々増加しているため、今後も新しいサービスが増えていくことが期待できるでしょう。

 

毎月の支払いに活用する

楽天ポイントは、毎月の支払いに利用することができます。

楽天e-NAVIで手続きができるので、支払いを少なくしたい人は利用してみてくださいね。

 

20,000ポイントを家族みんなでもらう方法

楽天では、家族みんなで合計20,000円相当のポイントがもらえる方法があります。

以下の方法を使えば、楽天カードを申し込めない子供も利用できますよ。

 

お父さん・お母さん:合計10,000ポイント

お父さん・お母さんは通常の方法で楽天カードにマイナポイントを登録します。

2人合わせると、10,000ポイントが獲得できます。

 

子供1人目:楽天ペイに申し込んで5,000ポイント

楽天ペイで子供のマイナポイントを登録する方法です。

楽天カードでチャージして20,000分利用すれば、最大で5,300ポイントもらえます。

また、現在、楽天ペイでマイナポイントを申し込むと、2000万円のポイントが山分けされるキャンペーンが開催中です。

キャンペーンの期間は2020年10月1日~2020年12月31日までなので、早めに申し込んでくださいね。

 

子供2人目:楽天Edyに申し込んで5,000ポイント

楽天Edyで子供のマイナポイントを登録する方法です。

楽天カードでチャージして20,000分利用すれば、最大で5,300ポイントもらえます。

キャンペーンの期間は2020年9月1日~2021年3月31日なので、早めに申し込んでくださいね。

 

楽天以外で登録できる決済サービス

楽天以外で登録できる決済サービスにはどのようなものがあるのでしょうか。

決済サービスごとにご紹介します。

 

QRコード決済

・PayPay

・d払い

・LINE Pay

・au PAY

・楽天ペイ

・メルペイ

・ゆうちょPay

・ファミペイ

 

電子マネー決済

・Suica×JRE POINT

・ICOCA

・マナカ

・nimoca

・Kitaca

・majica

・楽天Edy

・WAON

・PASMO

・nanaco

 

クレジットカード決済

・dカード

・オリコカード

・SMBCデビット

・三井住友カード

・エポスカード

・イオンカード

決済登録のできる全てのサービスについては総務省公式ホームページよりご確認下さい

 

選ぶ時に比較する3つの点

サービスごとにさまざまな特典があり、迷ってしまいますよね。

しかし、一度選んでしまうと、後から変更することはできません。

後悔することのないように、慎重に選ぶことをおすすめします。

選ぶ時の比較ポイントは、大きく分けて3つです。

 

キャンペーン内容

受けられる特典が自分にとってどのくらいお得であるかどうかを考えます。

たくさんポイントが付与されても、使い道が限定されていると不便です。

有効に活用できるものを選びましょう。

 

よく使うサービスか

あまり使わないサービスは、ポイントを期限内に使い切れない可能性があります。

今まで電子マネーを使ったことがない人は、交通系ICカードやクレジットカードを選ぶ方が無難です。

失効するともったいないので、普段使いできるものを選びましょう。

 

有効期限を確認する

ポイントの有効期限は、決済サービスごとに異なっています。

例として、LINE Payの場合は、最終ポイント獲得日から180日経過すると失効してしまいます。

申し込み前に、公式HPなどで有効期限を確認しておきましょう。

 

子供の申し込みの時の注意点

未成年の子供でも、問題なくマイナポイントの申し込みができます。

その場合、親の名義で決済サービスを使うことができます。

しかし、合算してポイントをもらうことはできません。

子供の申し込みには、別の決済サービスを使う必要があります。

 

例えば、親がイオンカードで子供が親名義のWAONで申し込みは可能です。

一方、親がオリコカードで子供も同じオリコカードの場合、申し込みはできませんよ。

 

まとめ:マイナポイントは楽天カードで登録するのがおすすめ

マイナポイントを登録するのは、楽天カードがおすすめです。

まだ登録をしていない方は、この記事を参考にしてスムーズに登録を行ってくださいね。

登録は期間が決まっていますので、注意して早めに申し込みを行ってくださいね。

 

楽天ポイントはキャンペーンが多いため、他のポイントサービスと比較しても貯まりやすいメリットがあります。

また、加盟店や、提供しているサービスも多く、使い道も豊富です。

楽天カードを使って楽天サービスをうまく活用すれば、毎日の生活がより便利で快適になります。

 

まだ楽天カードを持っていない方は、この機会にカードを作ることをおすすめします。

年会費もかかりませんし、作っておいて損はありませんよ。

 

当サイト一押し!各種受賞歴のあるカードローンランキング

電話の在籍確認は原則ナシ!安心のアイフル

スマホ1つで審査から借入までWEBで完結

職場への在籍確認の電話も原則ナシ!

当サイトでのお申し込み件数No.1

SMBCモビット カードローン

たった10秒で簡易審査結果表示!三井住友銀行グループで安心。

業界初!!HDI格付けベンチマーク「クオリティ」格付けにて
三つ星を獲得★★★

Tポイントが貯まる!

プロミス

初めての方に優しい、利用翌日からの30日間、利息0円

郵送物&来店なしで気軽に契約可能。

ノンバンクカードローン:満足度調査で1位!

  • この記事を書いた人

nana

FP2級、行政書士などの資格を持つ、お金大好きライター。趣味は料理、旅行。現在、人生を充実させるためのお金との付き合い方を模索中。ペットは犬2匹。

-クレジットカード

 

© 2021 お金のこと辞典 Powered by AFFINGER5