クレジットカード

【徹底解説】学生におすすめのクレジットカード3社!初めてクレカを持つ人の疑問も解決!

2020年10月10日

https://kuchikomi-cashing.net

最近のキャッシュレス化に伴って、学生の方もクレジットカードを持っていて当たり前の時代に突入!?

 

今回は、初めてクレジットカードを持つ学生の方向けに「おすすめのクレジットカード」や、クレジットカードの基礎知識、学生の方がクレジットカードを使うのはどんなときなのか等について詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

クレジットカードがあると便利なのは間違いないので、少しでも「クレジットカードを持ちたい!」と思っている方は必見の内容ですよ!

 

学生におすすめするクレジットカードとは?

クレジットカードは、申し込み条件に、「18歳以上(高校生を除く)」という項目がだいたいつけられています。つまり、大学生や専門学校生でも、クレジットカードを持つ権利があるのです。

 

そこで、ここではそんな学生の方におすすめの3つのクレジットカードをご紹介していきます!

 

JCBカードW(←草じゃなくてダブル)

1つめは、JCBカードW(ダブル)です。その名の通り、国際ブランドはJCBで、JCBが発行しているカード。

 

どのような人に向いているかというと…

 

  • スタバによく行く人
  • Amazonでよく買い物をする人

 

にはぜひ利用してほしいカードです!なぜなら、年会費は永年無料なのに、還元率は1%とかなり高め!

 

さらに、Amazonやセブンイレブン、スターバックスカードへのチャージなど、学生でも使う人が多そうな店舗や通販サイトでポイントアップするからなんです!

 

特にAmazonで買い物を頻繁にする人やスタバ中毒並みにスタバを利用する人は、ポイントアップ率がかなりいいので、持っていて損のないカードとなっています。

 

エポスカード

2つ目はエポスカードです。エポスカードは全国のマルイやインターネットから申し込みが可能です。

 

申し込みして欲しい人は…

 

  • よくカラオケに行く人
  • よくレジャー施設に行く人

 

です!エポスカードは「優待システム」が豊富で、全国のさまざまなレジャー施設やカラオケ店などと提携しており、その都度割引を受けることができます。

 

国際ブランドは全世界でどこでも使える便利な「VISA」で、還元率は0.5%です。還元率はあまり高いわけではないですが、ポイントの交換先は豊富ですよ!

 

iTunesカードやスタバカードなどとも交換できます!普段、何気なく使いたい物と交換できるのはかなりのメリットなのではないでしょうか!?

 

年会費は永年無料なので、安心して利用することができます。

 

エポスカードにはデザインカードも存在していて、プラス料金を支払えば、人とは違う、おしゃれなカードを持つことも可能ですよ!

 

VIASOカード

3つ目はVIASOカードです。三菱UFJニコスが発行しているカードで、国際ブランドはMastarCard。

 

年会費永年無料で、還元率はエポスカードと同様、0.5%です。

 

どんな人におすすめかというと…

 

  • 人とは違ったキャラクターカードが欲しい人
  • すぐにカードを手に入れたい人

 

におすすめです!

 

VIASOカードは「ラブライブ!」や「けいおん!」、「弱虫ペダル」など、さまざまなアニメとタイアップしているだけでなく、サンリオキャラクターなどの可愛いキャラクターカードも発行しているので、人とは違ったカードを持ちたい人におすすめです。

 

さらに、最短翌営業日にはカードがゲットできるので、急ぎでクレジットカードが欲しい!という方にもおすすめのクレジットカードなんですよ。

 

人とは違う独特なカードを持ちたい方にはおすすめのクレジットカードとなっています!

 

今さら聞けない!?クレジットカードの基礎知識

クレジットカードとは、なにか商品を買うときに、「後払い」で買う仕組みのことをいいます。つまり、その場ではお金を払わないけど、後で払うから今買わせて!と言っているのと同じですね。

 

ですので、使いすぎには注意が必要です。

 

学生向けのクレジットカードの大半は、1枚目や2枚目くらいまでは、申込みや書類に不備がない限りはまず審査落ちしないでしょう。それくらいの難易度です。

 

3枚目以降からは、他社から借りすぎていたり、滞納があったりすると、どんどん審査が難しくなり、審査落ちすることもあります。

 

学生のうちに、クレジットカードを2枚も3枚も持っているのは危険なので、原則的には1枚あれば十分でしょう。

 

どうしても「用途別」に使い分けたい!などの事情などがない限りは、1枚にとどめておくべきです。

 

クレジットカードは「借金」と変わりがないので、たくさんの債務を抱えると、あとから大変なことになりかねません。

 

しっかり「今月は〇〇円使った」などと記録しておくといいですよ!

 

学生がクレジットカードを使うのはどんなとき?

では、学生のみなさんが、クレジットカードを利用するのはどのようなときなのでしょうか?

 

実例を交えながら見ていきましょう。

 

  • 携帯電話(スマホ)の料金の支払い
  • スマホ決済と連動させて普段の買物で利用(キャッシュレス決済)
  • 教科書や参考書などの購入
  • 海外旅行や留学をしている間に利用

 

月々の携帯料金を、クレジットカードで支払うと、ポイントが還元されるクレジットカードも少なくありません。そのため、携帯電話料金をクレジットカードで支払っている学生さんも多いのでしょう。

 

そして次に、キャッシュレス決済。最近では、スマートフォンにクレジットカード情報を登録して、スマートフォンをかざすだけで買い物ができる時代です。

 

便利さから、キャッシュレス決済に使っている方も多いのが現状ですね!

 

海外旅行などは、海外旅行傷害保険が付帯してくるクレジットカードなら、利用するべきです!

 

今は、やはり、「キャッシュレス決済」が、クレジットカードを利用する上で、利用率が高い使い方となっています。

 

学生がクレジットカードを所有している割合は?

学生の方が、クレジットカードを所有している割合はどの程度なのでしょうか?

一般社団法人日本クレジット協会による「大学生に対するクレジットカードに関するアンケート調査」を見ると

実はかなりの学生さんがクレジットカードを所有しており、結果は…

 

所持いている…61.1%

所持していない…37.9%

参考:https://www.j-credit.or.jp/information/examination.html

という結果に!学生の皆さんは、クレジットカードを所持している割合が高いんですね!

 

やはり、スマートフォンと連動して使える「キャッシュレス決済」が普及してきたことも要因のひとつにあるのでしょう。

 

Suicaなどの交通系ICカードも、スマートフォンのなかに取り込み、チャージするのはクレジットカードから…ということもできますので、そういった時代の流れから考えても、学生のうちからクレジットカードを持っている、という人の割合も高くなっているのでしょうね。

 

学生向けのクレジットカードの限度額はどのくらい?

学生は、社会人と違い、アルバイトをしていたとしても、社会人のような収入のある人はそうそういませんよね。

 

そのため、社会人の方よりも、低く設定されている場合がほとんどです。

 

一般カードの利用限度額が10万~100万円程度ですが、学生カードの場合は10万~30万円程度がだいたいの目安。

 

「少なすぎる!」と思うかもしれませんが、「使いすぎ防止」にもなり、安全なので、学生カードは「使いすぎを予防する」という観点からいっても、メリットがあるといえます。

 

学生でもクレジットカードの審査は何をするの?必要な物は?

クレジットカードを持つためには、「審査」に通らなくてはなりません。

 

しかし、学生の場合は審査がそこまで厳しくないのが現状です。

 

チェック項目は…

 

  • 年齢が18歳以上(高校生を除く)であること
  • 本人もしくは親権者に安定した収入があること
  • 未成年の場合、申込時の親の同意書があること

 

です。

 

もっと詳しくいいますと、在学中の学校名や学年、卒業予定年月、親権者の住所、電話番号、年収なども項目に記載しなくてはなりません。

 

ちなみに、学生の方の場合は「アルバイト」しかできないので、「安定した収入」というのが難しいですよね。

 

その場合は、「親権者」の収入が安定していれば審査には通る確率がアップしますので、不安に思わなくても大丈夫ですよ!

 

必要な物としては、

 

  • 本人確認書類
  • カードの引き落とし口座
  • (未成年の場合)親の同意書

 

となります。本人確認書類とは、運転免許証やパスポート、保険証などがあります。

 

未成年の場合は、親の同意書が必要になるとともに、自宅の電話に電話がかかってくることがあるので、親に内緒でクレジットカードを作ろう…ということはできませんよ。

 

学生が初めてクレジットカードを持つ際の注意点

学生の方が、クレジットカードを持つ際に注意するべき点としては、「使いすぎ」です。いくら限度額が低いとはいえ、10~30万円はかなり大きなお金ですよね。

 

今はクレジットカードもWEB明細書が基本となっていますので、スマートフォンやパソコンから、いつでも明細を見ることができます。

 

こまめに明細を見て、いくら使ったのか、きちんと把握しておくことが大切です。

 

自分は大丈夫~と思って、明細を気にせず、クレジットカードを使っていると、後々大変なことになりかねません!

 

そんなことにならないよう、日々気をつけることが大切ですよ!

 

よくある質問

ここでは、初めてクレジットカードを持つ学生さんが持つ、疑問点を解決していきたいと思います!

 

学生でも審査は通るの?

結論から言いますと、審査には通ります。

 

学校名や学年、卒業予定年月のほかに、住所や電話番号、年収(アルバイトをしている場合)などを記入します。未成年の場合は親権者の同意書も必要になりますが、これらに問題がなければほとんどの場合、初めてクレジットカードに申し込む場合は審査に通りやすいですよ。

 

学生でも複数枚カードを持てるの?

持つことはできます。しかし、枚数が増えるごとに、審査基準が厳しくなっていきます。なぜなら、多くの「債務」を抱えることになるからです。

 

それだけの「支払い能力」があるのか?なども審査項目に加味されてきますので、だいたい3枚目以降くらいからは審査基準が厳しめになります。

 

もちろん、延滞などがない場合を指します。

 

用途に合わせたクレジットカードを選ぶことが大事!

ここまで、学生におすすめのクレジットカードや、クレジットカードの基礎知識、質問や審査について説明してきました。

 

初めてのクレジットカードは容易に持つことができますが、使う用途をきちんと考えた上で使うようにしましょう!

 

使いすぎは厳禁ですよ!

 

クレジットカードは、上手い付き合い方をすれば、とても便利で、いい味方になってくれますので、ぜひ、今回ご紹介したカードへの入会も検討してみてくださいね。

  • この記事を書いた人
TENRAKUキャッシング編集部

TENRAKU-cashing

TENRAKUキャッシングは、どんな時でも⼈⽣が前向きになれるお⾦に関するメディアです。 TENRAKU(転落)を反対にすればRAKUTEN(楽天)。借⾦で転落しても、くよくよせず、逆に楽天的に⽣きることで ⼈⽣明るくなる。 転落しても、這い上がって、楽しく⽣きていこうよ!というメッセージを記事に込めています。

-クレジットカード

© 2020 TENRAKUキャッシング Powered by AFFINGER5