インタビュー・体験談

【体験談】「借金したことで救われた」お金がなくてツライときに借金で救われた、4人家族の命。

2021年1月4日

https://kuchikomi-cashing.net

あなたはこれまでの人生で借金をした事がありますか?「お金がなくてツライ」という経験は多くの人が経験しているかと思います。返済は大変ですが、借金をして救われたという経験がある人もまた、少なくありません。

私も借金をしたことで生活が助かった経験があるうちの1人です。

4ヶ月の家賃滞納から、生活支援センターに頼った話。まだ続いている返済についてなど、体験談としてお話していきます。

 

夫のギャンブル依存と浪費癖。借金生活への入り口。

ギャンブル依存

私の家族は、夫、小学5年生の息子と中学2年生の娘。賃貸住宅で暮らしています。家庭の支出の管理は夫がしていたのですが、夫にはギャンブル依存や浪費癖があったことが後から発覚しました。

ある日、急に暗い顔をして帰ってきたので話を聞くと、なんと仕事を辞めてきたと言うのです。さらには家賃滞納を4ヶ月していた上に、光熱費の滞納が発覚。滞納と退職が重なり、我が家の生活は一気にどん底に落ちました。

 

生活費は残り数枚の1万円札。貯金は無く、先行きが見えない恐怖に怯え夜中に泣いていたのを覚えています。私は在宅ワークをしていましたが、不況の煽りを受け収入は3分の1ほどになり、とても1人で生活費を賄う事はできませんでした。お金がないのはこんなにツライのかと実感しました。

 

相談センターからも見放され、絶望。

絶望

当時、困窮者向けの施設とメールで相談のやり取りをしていたものの、やがて返事は来なくなり「助けて」と言えなくなってしまいました。

お金がなくなった原因が、夫の浪費癖やギャンブル依存にあったからなのでしょうか

「あなた達はもう諦めて下さい」と言われているように感じたからです。もう、ツライを通り越して、死にたいとまで思うようになりました。

 

とは言え、「このままでは生活していく事ができない」何より「子どもたちに苦しい思いをさせたくない」という思いが強く、それをきっかけに、消費者金融に頼る事にしました。友人や実家からお金を借りる事も可能でしたが、誰にも迷惑をかけたくなかったのです。

 

お金がなくてツライ…大手消費者金融「プロミス」を利用。借りた金額は‥

私が利用したのは「プロミス」です。在宅ワークをしているとはいえ、会社に勤めている訳ではないので正直審査が通るのか不安でした。しかし、意外な事に大した確認を取られる事もなく、すんなり審査が通ったのです。

プロミスは専業主婦は利用できないと言われていますが、私は在宅ワークをしていたのが審査通過のポイントになったのかもしれません。

プロミスから借りた金額は、40万円。

夫は約2ヶ月無職だったので、借りたお金は食費や光熱費など、生きていくために欠かせない部分に使用しました。ちなみに、滞納家賃は不動産会社と相談し、今も分割で少しずつ支払っています。

 

また、プロミスでの最初の利用枠は20万円だったのですが、契約してから少し経つと「利用枠の増額をしませんか」とプロミスから連絡が。いつ安定して生活ができるのか先行きが不安だったので、増額をお願いして50万円までの利用が可能になりました。最終的には40万円の借金をしたので、増額できて良かったです。

参考【初心者必見】初めてプロミスを利用するための基礎知識

「プロミスを初めて利用するけど本当に大丈夫なのか?」 「プロミスは他社と比べてどんなメリットがあるのか?」 プロミスで初めて借り入れを検討している人は、色々と不安になりますよね。   テレビ ...

続きを見る

プロミスの審査に落ちないための心得8箇条
参考【保存版】プロミスの審査に落ちないための心得8箇条〜審査は怖くない〜

プロミスを利用する際、「審査ってどうなの」と疑問に思うことでしょう。ネットではプロミスの審査は甘いなんて話もチラホラ聞きますが、全くの間違いです。 実際、プロミスの審査は甘くはありません。しかし、そん ...

続きを見る

お金がなくてツライとき、消費者金融の利用は緊急時に最も役立つ

生活の改善をしたくて、ワラにもすがる思いで市の生活支援センターに相談をした経験もあるのですが、生活支援センターはお金がなくてツライからと言って、その場で足りないお金を支援してくれる場所ではありません。

生活困窮者向けのどんな制度が利用できるのかを検討したり、数日分の食料として正直品質が良いとは言えない古いお米・塩・醤油など、最低限の食料を配給されるくらいです。

 

食料は古くても食べられる状態なのでありがたいのですが、我が家には子供が2人いますから、食事がお米と塩・醤油ではかわいそうな思いをさせてしまいます。

結局、市の生活支援センターに頼っても、止まりそう、もしくは止まってしまった電気・水道・ガスの料金を支払えませんし、食べ物は最低限飢えを凌ぐための対応しかできません。

 

もちろん、利用できる制度があれば申請のサポートをしてくれる心強い場所なのですが、お金がすぐに必要な時にはあまり役に立たないと感じました。

 

そこで消費者金融のありがたみがよく分かったというわけです。契約をすればすぐにお金を借りられますから、そのお金で子供にきちんとしたご飯を食べさせたり、止まってしまったライフラインを復活させる事ができますからね。

今思えば、子供のことを第一に考えていたので、借金への抵抗や返済の不安など考えている余裕なんてなかったと思います。

ココがポイント

消費者金融は即日融資が可能なので、すぐにお金が必要!という方にはオススメです。

 

40万円の返済はまだ続いている

収入が少ない私にとって、40万円を短期間で返済するのは難しいです。実はまだ完済には至らず、毎月1万円と少しをコツコツ返済し続けている状況です。生活に余裕があまりないので、返済額はこれ以上増やせません。ですから、返済期間がズルズルと延びてしまっているんです。

それと、たまに返した分をまた少し借りたりもしてます。元金がなかなか減らないのです。

最終的には借りた金額より、返した金額の方が大幅に大きくなる事になるかもしれません。それでも、毎月1万円と少しという生活に影響しない範囲の返済で済んでいるのですから、ありがたいですよね。もし毎月10万円の返済が必要!となったら、返すあてがなく、返済する事ができませんから…。

ココに注意

借金には必ず「金利」が設定されていて、その分の「利息」を支払わなければなりません。返済が長引けば長引くほど、最終的に支払った利息のほうが大きくなることもあります。

 

アイフルの金利や利息について
参考アイフルの金利は高い?安い?利息を減らす手段や利用方法についても一挙解説!

収支のバランスを崩して一時的にお金がなくなってしまったときや、急にまとまったお金が必要になったとき、強い味方になってくれるのが消費者金融です。   すぐに資金が手に入るというメリットがある一 ...

続きを見る

借金には必ず"返済"がついてくる

 

こんなにも、お金がなくてツライという思いをしたことはありませんでしたし、

未来への恐怖を感じたことはありませんでした。

しかしプロミスは、そんな路頭に迷う一歩手前の私達の生活の支えになってくれたのです。生き延びるには借金以外の方法がなかったので、今は借金をして良かったと思っています。

 

ただ、高額な借金をする事で「完済できるだろうか」という悩みが付きまといます。毎月決まった日に返済金が口座から引き落とされるのですが、半分くらい利息の支払いに消え、実際に返済できているのはわずか。借金をして悩みが1つ消えても、その後には「返済」という悩みが生まれてしまうのです。

 

でも、毎月しっかり返済を続けていれば、この悩みもいつかはなくなります。予定では残り34回の返済です。頑張って返済を続けていこう!と、ポジティブに考えています。

 

  • この記事を書いた人
TENRAKUキャッシング

TENRAKUキャッシング

TENRAKUキャッシングは、どんな時でも⼈⽣が前向きになれるお⾦に関するメディアです。 TENRAKU(転落)を反対にすればRAKUTEN(楽天)。借⾦で転落しても、くよくよせず、逆に楽天的に⽣きることで ⼈⽣明るくなる。 転落しても、這い上がって、楽しく⽣きていこうよ!というメッセージを記事に込めています。

-インタビュー・体験談

© 2021 TENRAKUキャッシング Powered by AFFINGER5